車査定の相場を知って賢く売る|モデルチェンジが迫っている場合

作業員

買取価格は少し安めの設定

男性業者

車買取の相場はあるけれどもその価格で売るのは難しい

車買取の際には価格で買取ってもらえる事が多いのですが、実際には相場よりも少し安い金額で買い取られる事が多いようです。ではなぜ相場よりも安いのかというと、それは車買取は車の状況によって大きく金額が変わってしまうからです。車買取は相場によって買取する基本とする金額が決められています。しかしこの金額で買取することはほとんどなくて、傷や走行距離などによって基準価格から減額をされてしまいます。基準から減額されますので、当然相場よりも安い買取価格になってしまいます。ですので相場の価格で売ろうとするのは非常に難しいです。相場の価格を知ってその価格をあてにするのではなくて、実際の査定額を知ることが大事です。

なぜ買取価格は同じ車でも違うのか

車買取は同じ車だとしても安くなったり高くなったりします。これは同じお店でも同様となっているので、お店が違うからという理由以外に変動する理由があります。ではなぜ変動してしまうのかというと、それは全く同じ状態の車はほとんどないからです。車買取では、傷がついていたり走行距離が多いなどによって価格を変えるようにしています。全く同じ傷がつくことはなかなかありませんし、走行距離もその人によって乗る頻度などが違いますので、当然違ってきます。車一つ一つ状態が違うため、全く同じ価格になることがなかなか無くて、高く売れる場合もあるけれども、安くなってしまう場合もでてきてしまいます。このように価格差が出てしまうからこそ、絶対に必要としているのが査定をして状態を知ることです。